Fortmareiがデザインを手がけた旭化成のコンセプトモック「AKXY POD」が本年5/22(水)~24(金)に開催される「人とくるまのテクノロジー展2019」(パシフィコ横浜)にて発表されます。

AKXY PODでは、「五感でつながる車の未来」をテーマに、その世界観を表現することに重きを置いてデザインを完成させました。まず目に飛び込んでくる透明のPODの外観は、自然を閉じ込めたカプセルを連想させ、まるで振動もなく浮遊しているかのような快適な移動空間をイメージしています。それに内包されるインテリアは、水平方向に前後へと伸びる大きな「輪」で構成され、製品と自然素材とを交互に組み合わせたデザインとしています。この「輪」のモチーフは、「環境との共生」をインスピレーションに、自然界と製品やマテリアルとが互いの境界を超越する様を描いています。「輪」のモチーフからデザインのディテールまで、第一弾のAKXYからデザイン要素を引き継ぎながら、未来を見据えたデザインに仕上げています。

一度乗り込めば、自然空間の中で五感が研ぎ澄ませれるように、旭化成の考える車の未来を体験できます。

製作過程や開発スケッチも公開しております。
Making of AKXY POD >


AKXYは「自動車の安全・快適・環境への貢献」をテーマとし、旭化成の自動車関連部材を搭載させたコンセプトカープロジェクトです。 「AKXY」の第一弾プロジェクトでは「これからの自動車のあり方」と旭化成のグループビジョンの一つでもある「環境との共生」そして旭化成の製品開発の未来を、走るコンセプトカーとして開発。石丸がGLMチーフデザイナー時代にデザインを手がけたプロジェクトであり、ドイツにおける「ドイツデザインアワード※1 Special Mention Category 2019」を受賞しました。 

Fortmareiではチーフデザイナーを中心とし、コンセプトメイキングからデザイン開発、製作、完成までのデザインフォローを一貫して行えることを強みとしており、デザインコンセプトにブレのないプロセスを提供していきます。 今後は自社の自動車開発プロジェクトも展開していきます。

Making of AKXY POD >